商品づくりに欠かせない安全基準値を示すトレーサビリティ計測器の特徴

商品づくりにおいて安全性は最重要項目

企業の目的は世に役に立つ商品を開発して供給するだけでなく、供給した商品によって得られた利益を社員そして社会に分配することで貢献をすることです。その企業の目的を果たすためには商品を供給することが大事なのですが、その供給をする際に企業が優先的に気を付けなければならないのが安全性です。安全性というのは顧客が販売した商品を使用した際に不利益になることが起きないようにすることであり、すこしでも不利益になることが起きれば企業の信頼が失墜し目的となる貢献がやりにくくなります。それを防ぐためには問題が起きた時、すぐに究明できるようにしておくシステムを構築しておくことです。問題を究明できる方法を準備しておけば、その情報を迅速に顧客に伝えることで問題の深刻化を防ぎ信頼の失墜によるダメージを軽減することができます。そんな問題究明の方法において、企業が率先して導入を進めているのがトレーサビリティです。

安全基準となるトレーサビリティとは

企業が導入を進めているトレーサビリティとは、企業が商品を作る際に発生した工程を詳細にして記録することです。詳細の内訳としては、製造された商品がどこで製造されたのかという情報を中心に、一つの商品が出来上がるまでの使用した機材と人材そして完成した期日になります。これらの情報を一つずつ記すことによって、後々に問題点が発覚した時にすぐに改善策を講じることに役立つため製品の性能アップにつながります。そして細かい情報を記録しておけば不具合が発生した時にも、すぐに原因を特定して深刻化を防ぐだけでなく深刻に近い状態になってもすぐに情報を提供することで信頼を維持できるのです。そのためトレーサビリティを導入することは企業にとってメリットが大きいのですが、その情報の信頼性を向上させるためには自社だけでなく専門機関にゆだねるという方法も重要になります。

様々な情報をもとに計測器で算出する

その専門機関で行われるのが、計測器を使った計量というものです。計量の特徴は、専門機関そして企業が作った情報がどれだけ正しく記録されているのかを基準に合わせて数値化します。計測器を使う理由としては、やはり情報をさらに明確化するために行うのです。グローバル社会において国外の企業と貿易をする際にも、企業の信頼を伝えるためには正確な情報を伝える必要があります。そこで貿易の国際機関では、その安全基準について基準となる数値化を導入しているのです。そこで計測器の特徴を利用することで、開発した商品の安全性を国際機関が作った安全基準に達しているのかを把握することができます。この特徴を異風は、相手国との信頼構築につながるので円滑な商品納入が可能になるのです。”