計測器なども使用するトレーサビリティとその具体的なやり方

製品を製造するときに利用できる管理の方法

製品を製造する過程で品質に大きな影響を与えるのがトレーサビリティです。使用する材料から製造中の製品までしっかりと確認しながら製造をすることで、質の高い製品を作りやすくなります。できるだけ正確に検査できる方法を選ぶのが、質の高い製品を作るためのポイントです。そのために使用しなければいけないのは、正確な測定ができる計測器です。材料や製品を正確に測定できる機械があれば、製品の管理もしやすくなります。どのようなやり方で計測するかによっても、完成品の品質が大きく変化することがあり、計測器などもしっかりとメンテナンスしておいた方が、製品に誤差が発生した場合にも発見しやすくなるのでおすすめです。

製品を製造するための原材料の管理

トレーサビリティを生産施設などで実施する場合には、製品の製造過程ごとに管理をするやり方が一般的です。製品を製造するにあたって一番初めにしなくてはいけないのは、使用する原材料の管理です。どのような材料を使用しているかをしっかりと記録する必要があります。外部から原材料を仕入れている場合には、どのように原材料を調達したかを正確に記録しておくことも重要です。仕入れをした相手先の企業名なども正確に記録として残しておくのが最適な方法です。仕入れた原材料の数なども、製造の管理をするためには非常に重要なポイントです。どれだけの原材料を購入して、どれだけ製品作りに使用したかを正確に記録しておけば、製造ラインの管理もしやすくなります。原材料の不足など何らかの問題が発生した場合でも、こうした記録をしっかりと残しておけば、問題の発生原因を追跡しやすくなるのがメリットです。

完成途中の製品を管理するための方法

工場などでトレーサビリティをおこなう場合には、未完成の状態の製品をしっかりと管理することも重要になります。記録しておく必要があるのは、どれくらいの原材料が製品の製造のために投入されたのかを示すデータです。複数の製品を同じ工場で作っている場合には特に、こうした原材料の管理を正確におこなう必要があります。それぞれの製品作りに使用された材料の数を正確に把握しておくことで、全体的にどれくらいの材料が使用されたかを簡単に計算できます。製造中の製品を検査する場合には、一つの製品ごとに管理するやり方と、ロットごとにまとめて管理するやり方があります。一つ一つが細かい製品の場合にはロットごとに管理をした方が効率的な製品管理ができますが、大型の製品の場合には一台ごとに管理した方が、質の高い製品を作るためには最適な場合が多いです。計測器を使用して記録を残す場合には、使用した日時や使用したときの環境なども、残しておいた方が追跡がしやすくなります。”