トレーサビリティと計測器の校正に関わる知っておきたい知識

安定をした製品の品質を守るためにも

製品を製造するにあたり測定器の精度の高さは重要であり、高い品質を維持するために基準が定まっていなくては話になりません。それは基準があいまいでは品質の良い製品を作り上げることができないからです。計量トレーサビリティの知識として知っておくべきなのは、何のために採用をされているかということ、効率的に各国で作られた部品を調達するためにも必要になります。検査を行う際に活躍をする計測器は、確実で正しい目盛りを持っていますし、校正はそうした正しい基準器です。部品は日本だけで製造をされるわけではありませんし、世界には費用面も抑えてよい部品はたくさんあります。製造をする国は様々ですが、それらを賢く購入して製品を製造することがビジネスには重要なポイントです。限りある予算の中での調達ですが、そこには信頼が無くてはなりません。

どのような構成要素で成り立っているのか

どのようなことで計測器が正確であるのか、その証明をすることはできます。知識として照明の方法を知るなら、それは正しく確実な標準、そして校正という比較です。国家計量標準の校正の1次標準、2次標準などとの校正のつながりで、計量トレーサビリティは確固としたものになります。1次標準は国家計量標準ですが、3次標準は実用標準、そして企業などの使用者です。構成要素としては校正の連鎖は正しく切れ目がないこと、校正の技術や測定の際の不確かさなどもあります。基準機検査成績書や、校正証明書などの文書化に、SIなどの国際単位の使用、校正周期が適切であるかもそうです。国際計量計測用語にもこれらを含む言葉と内容を用いた、定義が示されています。

お互いの国で平等な結果を受け入れる

産業技術総合研究所の計量標準総合センターが、日本における国家計量標準は管理をされています。国家の間で比べつつ正しいかをチェックするのは世界での国家基準であり、知識として知っておくといいのが、これが国家比較です。お互いに受けいれの姿勢がありますが、これはそれぞれの国での測定結果を比べてのことであり、国際相互承認になります。計測器におけるトレーサビリティの3点セットと言われるものがありますが、それが体系図に校正証明書、基準器検査成績書のことです。クライアント側から求められる書面もありますし、ビジネスの取引時に用意するべき書類もあります。定期的な測定器のメンテナンスを行いますが、校正の際に返却の時に一緒に添えられるのが校正証明書です。”